HOME -> 実績企業のご紹介 -> 株式会社ヤマゲン

株式会社ヤマゲン
なぜ日創研の研修を導入されましたか?
経営の勉強がしたいと思っていた時、知人の紹介で95年にSAコース を受けたのがきっかけで、 起業家養成スクール業績アップコーチングなど立て続けに学びました。10年ほど一人で学んでいましたが、会社の変革には至らず限界を感じておりました。
そこで常務である妻をはじめ全社員を巻き込んでいったところ、目に見えて会社が変わりはじめました。
今では「一人の百歩より、百人の一歩」という言葉を痛感しています。


御社ではどのように日創研を導入されていますか?
研修を効果的に活用するために一人一人の適性を見極め、それぞれに合った研修プログラムを学んでもらっています。
そのためには会社の方向性を定め、徹底することが大事だと思います。
今後は、年間計画をたてながら計画的に学んでいきます。
また理念浸透のためには、社長と社員さんが一緒に学ぶことが非常に効果的でした。


導入される前と現在では会社にどのような変化がありましたか?
社風が非常に前向きに変わりました。以前は「やらされ仕事」だったのが、今では「積極的な仕事」に変わりました。
研修やOJT(13の徳目をつかった朝礼や社内勉強会)を通じ、社員さんの中に潜在化していた成長意欲が顕在化してきました。
研修では私の思いを代弁して下さるので、私の思いを理解してくれるようになり、会社に対してのロイヤリティーも上がっています。
今では学ぶ楽しさを知り、研修に参加するのを楽しみにしています。


「ありがとう経営」推進に向けて、御社ではどのような取組みをされていますか?
13の徳目をつかった朝礼や社内勉強会は発刊当初から続けていますが、やり続けることで大きな効果を発揮しています。特に、研修の学びを現場で実践しやすくなったことが本当に大きい成果でした。
わが社独自の取り組みは、離れた店舗同士、報告時に“ありがとう”の気づきを他店舗へメールで伝えることにしています。
それが習慣から体質へ、また自然と行動・言動が変わりました。感謝の積み重ねが仕事の基本だと思います。
今後はお客様と社内だけでなく、関連業者、取引先、家族、地域にも感謝の輪を広げていきたいと考えています。


ありがとうメールの一部

今日のありがとう 今日の気づき
何も試食しないで・・・あなたを信じて買います。といってプリンを買って下さったお客様ありがとうございます。 相手の目を見て話をし、聞き、相手を承認してあげる事でコミュニケーションが良くなると思います。
朝北野のお店に来て下さったお客様が新神戸でも買って下さったこと 人の思いを尊重し、理解しようと思うことが大切だと思いました。
今日はたくさんのお客様にご試食していただき、その度に美味しいと言ってくださり大変嬉しく思います。 スタッフが普段からいろんな話をしたりして、何でも話せる関係になる。
北野で希望された商品の数が足りなく、他の商品をお薦めした所気にいっていただき沢山買って下さったお客様ありがとうございます。 会社全体で会社を良くしていこうという意識や雰囲気を作る事。
お子様に試食して頂いたら元気においしかった!ありがとう!、と言ってくれて嬉しい気持ちになりました。後ほどお母様を連れてきて下さったので試食をお勧めし、お買い上げいただき、ありがとうございます。 忙しくてお店全体がバタバタなっていたにも関わらず、納品に来る方も含め皆さんがバックヤードのドアを開けあったりしていてそこでのコミュニケーションも大事だなと思いました。
HOME | ありがとう経営とは | ありがとう経営実績企業のご紹介 | 「心に残る、ありがとう!」体験談 贈賞式 | 朝礼活用ツール |
会社案内 | ありがとう新聞(無料) | 日本創造教育研究所(日創研)代表 田舞徳太郎 挨拶 | 特定商取引法に関する表示 |
【関連サイト】
日本創造教育研究所 スタッフブログ | 田舞徳太郎通信ブログ | YouTube | 日創研経営絵研究会
日本創造教育研究所の採用情報 | リクナビ |