HOME -> お客様の声 -> 株式会社ヤマゲン 風見鶏本舗

株式会社ヤマゲン 風見鶏本舗
会社名株式会社ヤマゲン 風見鶏本舗
所在地神戸市中央区北野町3丁目5番5号
事業内容神戸・北野町で観光土産の販売
代表者山本 忍
社員数5人(パートアルバイト22人)
事業紹介

弊社は神戸観光に来られるお客様に、チーズケーキやプリンなどのお土産を販売しています。神戸の地に来て頂いたことに感謝し、親切丁寧なおもてなしで対応出来るように心がけています。
数年前よりお客様に喜んで頂く会社を目指すために、朝礼を行うようになりました。昨年は「理念と経営コーチング型カレンダー」を活用し、カレンダーの質問に答えることでスタッフの意見や考えを発表する機会を増やすことができました。一つ工夫したことは、「コーチング型カレンダー解説読本」を一人一冊持って、月テーマの解説、週テーマの解説を読み合わせたことが、基礎学習となり活発な発表に繋がったと思います。発表者には必ず大きな拍手を全員で贈ることを心掛けています。
さらに今年は、自分の発表を要約し、『13の徳目』に書き留めることにしました。日記のように後で読み返しができ、発表した内容も大切に保存でき、毎日の積み重ねが実感できています。全員記入が出来たら次に『13の徳目』の中の今日の徳目をディスカッションします。たとえば、今日の徳目が【笑顔】とします。笑顔はどうしたらつくれるかと言うことをディスカッションします、「楽しいことを思い出したら笑顔になる」、「口端を上げて、目じりを下げると表情が笑顔になる」などの楽しい発表が出ます。ここでの提案やアイデアは「今日の徳目の実践」をチェックする時に役立っています。

朝礼の流れ
  1. 挨拶
  2. 理念唱和
  3. 業務連絡
  4. 解説読本の輪読
  5. 今週の質問に対する発表
  6. 13の徳目冊子に発表した内容を記入
  7. 今日の徳目の確認・ディスカッション

ここまでが朝礼です。6人の朝礼で15分から20分で行えます。初めて参加するスタッフでも、活発な発表ができて、ディスカッションにも参加しやすくなりました。
仕事を終えて帰る前に10分程度時間をとって、今日の徳目の実践において、良かった点、悪かった点、今日の気づき、今日のありがとう、を記入します。この時間は今日を振り返る、自己対話の時間になります。現在は自己対話する時間が少なくなってきていると言われています。ここでは十分に時間を取ってほしいと思っています。
「今日のありがとう」を書き続けてみると、ありがとうの世界があることに気づきます。『13の徳目』を活用することによりありがとうの世界が広がるように感じられます。これからも13の徳目を通して「ありがとう経営」「増益経営」を目指します。

HOME | ありがとう経営とは | ありがとう経営実績企業のご紹介 | 「心に残る、ありがとう!」体験談 贈賞式 | 朝礼活用ツール |
会社案内 | ありがとう新聞(無料) | 日本創造教育研究所(日創研)代表 田舞徳太郎 挨拶 | 特定商取引法に関する表示 |
【関連サイト】
日本創造教育研究所 スタッフブログ | 田舞徳太郎通信ブログ | YouTube | 日創研経営絵研究会
日本創造教育研究所の採用情報 | リクナビ |