HOME -> お客様の声 -> 株式会社ホリコシ産業

株式会社ホリコシ産業
会社名

株式会社ホリコシ産業

本社所在地静岡県浜松市北区
業種電気・ガス・熱供給・水道業
代表取締役堀越 正義
社員数20名
事業紹介

ガス、電気、水回り、空調をメインに、お客様の住まいのお困りごとを解決する事業を行っています。

13のコ目を始めた経緯

『13のコ目』朝礼は2011年11月から行っています。目的は、会社の理念浸透のためと社員さんの積極性を磨くためです。コ目朝礼を始める前は、会議で最近気づいた事を発表していました(いい気づきの発表があると一人3,000円を渡す「金の卵」という制度を設けていました)。その名残もあって、13のコ目は始めやすかったです。
ただ最初は「朝礼が長くなる」と反対意見が出ました。しかし、自分で思ったこと、仕事に共通するようなことを発表してもらい積極性を身に付けて欲しいということを伝えて始めました。

朝礼のスタイル
  1. 挨拶、経営理念の唱和
  2. 13のコ目
  3. 職場の教養
  4. 行動予定の報告
  5. 連絡事項、共有事項
  6. 社長の言葉
  7. 神棚に合掌
自社ならではの取り組み

『13のコ目』については、積極性を養いたいという目的があるので、発表したい人が発表するというスタイルをとっています。気づきが多かったりする日は、ほとんどの社員さんが発表しますし、逆に最近発表していない人はその週の朝礼当番が指名して発表してもらっています。
朝礼はコミュニケーションの場としています。全員が集まって朝礼を行うことで、色んな人の考えていることが分かってコミュニケーションがとりやすくなります。
『13のコ目』での課題は、書いた事を実行に移せる人とそうでない人がいることです。有言実行力をもう少しつけて欲しいと思っています。

効果

日創研に入会するまで、私は「コーチング」という手法を知りませんでした。「人を否定してはいけない」、「人の話を最後まで聴かないと話し手は満足しない」という考え方を学んだので、まずは全部喋ってもらい、たとえ間違っていようと人を認めるということをやっていきました。最初は「この返答であっているだろうか?」と消極的になっている社員もいましたが、「正しいかどうかは別にして、積極的に意見を言っていこうや」と言ったので、今では自分で発表できるようになっています。
仕事でもトライしないとだめだぞということも伝えています。そうした積極性を養ってほしいという思いでコ目朝礼を続けています。
(社員さんの感想)
・自分の気づいた事を自分のものにできる
・コ目で書いて決めたことを達成しようと決めて取り組むことができるようになった
・有言実行しようとする気になるようになった
・人の気づきを聞いて、真似しようと思えるようになった
これからも「コーチング型」に朝礼を継続し、何事にも積極的にトライする社風づくりを行っていきたいと思っています。

HOME | ありがとう経営とは | ありがとう経営実績企業のご紹介 | 「心に残る、ありがとう!」体験談 贈賞式 | 朝礼活用ツール |
会社案内 | ありがとう新聞(無料) | 日本創造教育研究所(日創研)代表 田舞徳太郎 挨拶 | 特定商取引法に関する表示 |
【関連サイト】
日本創造教育研究所 スタッフブログ | 田舞徳太郎通信ブログ | YouTube | 日創研経営絵研究会
日本創造教育研究所の採用情報 | リクナビ |