HOME -> お客様の声 -> 株式会社ネイビーズ・クリエイション

株式会社ネイビーズ・クリエイション
会社名

株式会社ネイビーズ・クリエイション

本社所在地北海道札幌市中央区大通東7丁目18−2
業種情報処理サービス業、広告宣伝業
代表取締役橋 満治
社員数18名
事業紹介

弊社は国土交通省の出先機関である北海道開発局を主なお客様に、その事業部や事務所にある大量の文書情報やデジタル情報を整理・保存・活用できるようデーターベースをつくるお手伝いをしています。自然災害時などに必要な情報を直ぐに取り出せるよう正確な情報処理が求められます。それとそこで働く職員の皆様が働きやすい事務所環境を整備することも業務の目的となります。もう一つの事業として、着工や完成式典などのイベントの企画や運営の仕事も行っています。国民の財産であるインフラがどのように整備されていくか、その情報を社会に伝えていくのが弊社の役目と考え、日々進化させています。最近はIコンストラクションというITを活用し業務の省力化を図ることにも取り組み3次元計測業務にも取組んでおります。

13のコ目朝礼を始めた経緯

経営研究会のメンバーが「13のコ目」朝礼を実施しているのを見て、自社も朝礼を通じた人材育成をしないといけないなと思い導入したのがきっかけです。

朝礼のスタイル
  1. 全体で挨拶(司会は毎日交代)
  2. 『職場の教養』輪読、1名が感想を述べ、司会者もその感想を述べる
  3. 『13のコ目』の実施
  4. 本日の行動予定を一人ひとり発表
  5. 報告・連絡・相談事項の確認
効果

朝礼リーダーは毎日交代します。発表者の指名は朝礼リーダーに任せているので、誰が指名されるかわかりません。しかし、突然指名されても、臆することなく、皆が自分の考えを発表できるようになりました。個々のプレゼンテーション能力が非常に高くなっていると思います。司会者も発表者の考えの深掘をする質問をしたり、感想を即興で述べたりしています。発表内容は自分の仕事に関することが多いので、どのようなことで頑張っているのか、どのような考えで仕事をしているのかがよくわかります。理念に基づいた仕事をしていることがわかるので、理念の浸透度が確認できます。
発表によって、社員同士が承認しあったりしていますし、相互理解が深まっているのでチームワークも非常に良いです。社員さんの成長を見ると、さらに朝礼を充実させて、もっともっと良い会社にしていきたいと思っています。

HOME | ありがとう経営とは | ありがとう経営実績企業のご紹介 | 「心に残る、ありがとう!」体験談 贈賞式 | 朝礼活用ツール |
会社案内 | ありがとう新聞(無料) | 日本創造教育研究所(日創研)代表 田舞徳太郎 挨拶 | 特定商取引法に関する表示 |
【関連サイト】
日本創造教育研究所 スタッフブログ | 田舞徳太郎通信ブログ | YouTube | 日創研経営絵研究会
日本創造教育研究所の採用情報 | リクナビ |