HOME -> お客様の声 -> 東洋計測株式会社

東洋計測株式会社
会社名

東洋計測株式会社

本社所在地茨城県鹿嶋市宮下三丁目4番6号
業種計装制御システムエンジニアリング、ITソリューション事業
代表取締役和田 厚
報告者千葉 敏美
社員数46名
事業紹介

弊社は「時代の先駆けとなる発電所のメンテナンスで電力の安定供給を支え、人々を安心させたい」という現会長の想いで1977年に創業しました。発電所におけるメンテナンスや計装制御システムエンジニアリングを行うことで電力の安定供給を通して人々の生活を支えています。
東日本大震災では、首都圏を中心とした計画停電を早急に解消するために、火力発電所の運転再開に向けて全社員が一丸となって力を注ぎました。また、福島第一原子力発電所の廃炉作業においては、遠隔操作をするためのモニター設置やメンテナンスを行い福島復興にも携わっています。
2006年には火力・原子力発電所の計装制御エンジニアリングで培った技術力を基にITソリューション事業を展開し、官公庁や民間会社へのパソコン導入、ネットワーク構築、クラウドサービス、ソフトウェアの導入、支援を行っているほか、小中学校のICT支援員の派遣も行っており、常時10名前後でICT機器の管理を通して校務や授業のサポートも行っております。
また、電気工事の分野でも公共施設の監視カメラ設置、メンテンスや照明設置などを通して市民生活を支えています。

13のコ目を始めた経緯

2014年9月から「13のコ目」朝礼を始めて5年が経ちます。それまでは会社の基本方針を朗読して朝礼を行うと共に、基本方針を全ての社員が筆写して社員教育としておりましたが、方針書の理解不足や考える力(気づきの力)の不足、仕事への感謝の気持ちの不足でお客様に迷惑を掛けることが重なり始めていました。そのため、基本方針でもある「お客様第一主義に徹する」「環境整備の徹底」「クレーム対応の徹底」に対して、さらなる社員の教養を高めるために「13のコ目」朝礼を取り入れることにしました。

朝礼のスタイル
  1. 全員で挨拶
  2. 基本方針の朗読(経営計画書を毎日交代で1ページ朗読)
  3. 「13のコ目」実施
  4. 連絡事項、安全対策の周知
  5. グループミーティング(作業予定確認)
自社ならではの取り組み

私たちの会社では、社員の教科書として「経営計画書」があり、東洋計測の社員として実行するための基本方針を記しています。この基本方針を毎朝朝礼時に1 ページずつ交代で朗読してから「13のコ目」朝礼を始めています。朝礼だけで発表出来ない「ありがとう」を伝えるために「ありがとうカード」も導入しています。

導入したことによる変化

「13のコ目」は毎日の考える力、目標設定、自己評価、振り返り、気づき、感謝をすることで我が社の基本方針にも合致した成果が得られるものになっています。
共に働く仲間が仕事に対する考え方や気づき、感謝をどのように感じているかを知ることで理解が深まり、自己成長にも繋がっています。このような考え方や気づき、そして感謝の気持ちを持って仕事をすることでお客様にも喜んで頂いています。毎日の積み重ねが社員と会社の成長に繋がっていることを実感しています。

HOME | ありがとう経営とは | ありがとう経営実績企業のご紹介 | 「心に残る、ありがとう!」体験談 贈賞式 | 朝礼活用ツール |
会社案内 | ありがとう新聞(無料) | 日本創造教育研究所(日創研)代表 田舞徳太郎 挨拶 | 特定商取引法に関する表示 |
【関連サイト】
日本創造教育研究所 スタッフブログ | 田舞徳太郎通信ブログ | YouTube | 日創研経営絵研究会
日本創造教育研究所の採用情報 | リクナビ |