HOME -> お客様の声 -> 株式会社弥生運輸

株式会社弥生運輸
会社名

株式会社弥生運輸

本社所在地群馬県館林市本町1-1-1
業種一般貨物自動車運送事業、第一種貨物利用運送事業
代表取締役小池 謙司
報告者小林 一樹
社員数120名(パート・アルバイト含む)
事業紹介

当社は2007年に創業し、大容量の商品輸送に特化した運送事業を展開してまいりました。創業当時は東京本社・栃木県佐野市・三重県鈴鹿市の3拠点でしたが、現在では新潟県新潟市・栃木県鹿沼市・群馬県邑楽郡板倉町・静岡県焼津市・三重県鈴鹿市・兵庫県神戸市・広島県竹原市・山口県防府市・福岡県古賀市・福岡県筑後市・鹿児島県志布志市と11拠点にまで発展しました。2014年には岡山県倉敷市に本社を構えるHINODE&SONSグループに参画させて頂き、更なる飛躍と発展に向けてシナジー効果を発揮した輸送を展開しています。

13のコ目を始めた経緯

『13のコ目』朝礼導入の目的は、朝礼への参加又はリーダーを行う事で、コーチングスキル・傾聴力を向上させ、感謝する心を強化させるためです。個々の成長を感じつつコミュニケーションや活力溢れる朝礼を経て1 日を始めたいと思い、『職場の教養』も併せて導入しました。

自社ならではの取り組み

『13のコ目』朝礼と『職場の教養』を導入した3年前は、本社機能を担う館林支店所属の4名が対面にて開始致しましたが、TV会議システムを活用して朝礼の範囲を全国へ拡大しました。現在では全国の幹部・責任者を含め最大10名の参加者で朝礼を実施し、コミュニケーションを深めています。特に『13のコ目』朝礼で意識している事は「時間の大切さ」、「要約する力」、「フィードバック」です。限られた時間の中で朝礼を終わらせるためには、リーダーはテンポ良く進行し、発表者はしっかり考えて要約する事が求められます。『職場の教養』では各々で朗読を行います、人間なので読み間違いが必ずありますが決してそのままにせず、誤りを指摘します。繰り返し行う事で「気づく力」が自然に培われてきます。私たちにとって朝礼の時間は、皆が成長出来る鍛錬の場と捉えております。

効果

当社は朝礼そのものを行っていなかったので、導入当初は多少違和感がありましたが、振り返ると効果を得られたものは多々あると感じます。得られたものの中で一番の効果はコミュニケーション力です。
『13のコ目』朝礼を導入する前は、全国の幹部・責任者が顔を合わせる事はほとんど無く電話での対応だけでした。現在では直接的な対面ではないものの個々の表情が見えますので、「今日の朝礼の時、嬉しそうだったね、何か良い事があった?」なんて声が掛けられるような効果が得られています。これからも『13のコ目』朝礼で、社内のコミュニケーションを高めていきたいと思います。

HOME | ありがとう経営とは | ありがとう経営実績企業のご紹介 | 「心に残る、ありがとう!」体験談 贈賞式 | 朝礼活用ツール |
会社案内 | ありがとう新聞(無料) | 日本創造教育研究所(日創研)代表 田舞徳太郎 挨拶 | 特定商取引法に関する表示 |
【関連サイト】
日本創造教育研究所 スタッフブログ | 田舞徳太郎通信ブログ | YouTube | 日創研経営絵研究会
日本創造教育研究所の採用情報 | リクナビ |